出版業界の分野で活躍する企業弁護士の業務と選び方について

出版業界は著作権についての法的な問題を解決するために企業弁護士のサポートが必要不可欠

出版業界の業務において弁護士の活躍が必要不可欠になる場面が多々存在します。例えば、出版社が発行する本の著作権についての法的な問題を解決するためには、企業弁護士のサポートが重要となってきます。
近年はインターネットの発達によって、著作権の意識が昭和時代よりも高まってきています。例えばネットで著作物の中身を勝手に引用されてしまうと、出版会社が出版している本が売れなくなってしまいます。また同様に出版会社の財産権である写真を、第三者に勝手にネット上に転載されてしまうと様々な問題が生じてしまいます。そのような事態を予防したり、万が一、問題が発生した場合には、著作権法に強い弁護士がサポートすることによって問題を解決することができます。
したがって、出版会社が顧問弁護士を選ぶ場合は、著作権などの知的財産法に強い弁護士を選ぶようにしましょう。

法科大学院で実務家教員をしている弁護士は、最新の判例や法改正の知識を有している

弁護士の選び方に迷った時は、弁護士会に相談する事も1つの方法となります。弁護士会では会員である弁護士の情報をストックしているために、著作権に強い弁護士を紹介してくれるでしょう。
また、ネットの情報から弁護士を探す場合は、法科大学院で実務家教員をしている弁護士を選ぶことを推奨します。なぜなら法科大学院で指導実績があるという事は、その弁護士の能力がある程度担保されているからです。
また著作権などの知的財産法は法改正が頻繁にある分野であるために、常に最先端の知識が必要となります。過去の情報や判例だけでは裁判になった時に不利になってしまう事態となります。そのような観点からも、法科大学院で指導している弁護士は、最新の判例や法改正の知識を有していると推定されるために安心です。

出版物のプライバシー問題に強い弁護士を顧問として契約する

また、出版業界ではその出版物の内容によっては私人のプライバシーの問題を取り扱う事になります。特に週刊誌などではその傾向があります。そのようなときに、出版物にプライバシー上の問題が発生して、自主回収や出版差し止めなどの措置となった場合は、社会的な信用や営利的にも大きな損失となってしまいます。
このような事態を未然に防止するために、出版物のプライバシー問題に強い弁護士を顧問として契約することを推奨します。弁護士は過去の判例の事例から、当該出版物がプライバシーに違反するかを判断します。そして万が一、プライバシーに違反すると予見した場合は、出版物の内容を修正するべき等のアドバイスをしてくれます。これによって将来の損失を未然に防ぐことが可能となります。